私の知らなかったコト。

知らなかったコト 気になるコト マイペースにかきます

辻村深月 スロウハイツの神様【感想】

現代版ときわ荘のような クリエイターが集まるアパート 「スロウハイツ」で暮らす 若者を中心に進む物語。

辻村深月 凍りのくじら【感想】

「あなたの描く光はどうしてそんなに 強く美しいんでしょう」 「暗い海の底や、遠い空の彼方の 宇宙を照らし出す必要があるからだ」

辻村深月 名前探しの放課後【感想】

あれは、なんでまだあそこにあるんだろう。 自分がいるショッピングモールから バイパスををはさんだ建物についている 看板を見ながら考える この物語の主人公・依田いつか。

辻村深月 ぼくのメジャースプーン【感想】

「ぼくのメジャースプーン」 辻村作品の中では珍しく 小学生の小さな子供が 物語の主人公です。

辻村深月 島はぼくらと【感想】

これはとっても辻村深月だ。 でも、今までの辻村深月じゃない。 ライターの瀧井朝世さんの感想です。

辻村深月 盲目的な恋と友情【感想】

盲目的な恋と友情。 この作品は、タイトル通り 盲目的な恋、盲目的な友情の 2つを描いた物語です。

ゴリラに学ぶ、カッコいい男の生き様

皆さんはゴリラに対して、どういうイメージを持っていますか? 凶暴、パワフル、野蛮、 など野生的な印象が強いかと思います。

絵本だけじゃない! キングコング 西野の小説「グッドコマーシャル」が面白い【感想】

「世界一の嘘を知っているか?」 冒頭の1行で一気に興味をそそられるこの小説。

辻村深月 本日は大安なり【感想】

大安 歴注である六輝の中で、何事においても全て良く、 成功しないことはないとされる吉日。 結婚式など、祝い事には特に向いている。

QJ(クイックジャパン)VOL.129 欅坂46特集が最高によかった!

2016年12月22日発売の「QJ vol.129」にて 巻頭100ページにわたる欅坂46の特集がありました! 2016年大ブレイクを果たし、 TVや雑誌に引っ張りだこの欅坂46ですが メンバー全員の特集記事というのはまだすごく少ないです。