私の知らなかったコト。

知らなかったコト 気になるコト マイペースにかきます

辻村深月 本日は大安なり【感想】

 

 

大安

歴注である六輝の中で、何事においても全て良く、

成功しないことはないとされる吉日。

結婚式など、祝い事には特に向いている。

 

 

人気結婚式場 ホテル・アールマティでの

11月22日の大安の一日を舞台に4つの式に関わる人物を

時間経過に沿って追っている作品です。

 

1場面ごとが10ページもなく展開が速いので

スラスラ読みやすい作品になっています。

 

スポンサーリンク
 

 

4つの式に関わるそれぞれの主要人物

11:30 パールルーム 相馬家・加賀山家

加賀山鞠香と妃美佳は一卵性の双子です。

顔も瓜二つで眼球が丸すぎて

なかなか合うコンタクトレンズがない

という悩みまで同じです。

今回のお話で結婚するのは妹の妃美佳ですが、

この姉妹、結婚式本番に恐ろしいことを企んでいました。

なんと式当日、ウエディングドレスを着ているのは

姉の鞠香でした。

新郎の相馬映一が、

ウエディングドレスを着て隣に並んでいるのが、

婚約者の妃美佳でなく姉の鞠香だと見抜けるか

試しているのでした。

はたして映一は、

新婦の入れ替わりに気づくことができるのか。

そしてこんな計画を企んだのには、

妃美佳の鞠香に対する双子ならではの嫉妬の感情があるのですが、

この2人の関係も話が進むにつれて明らかになっていきます。

 

12:30 エメラルドルーム 十倉家・大崎家

山井多香子は十倉家・大崎家の式を担当する

アーマルティのウエディングプランナーです。

今回の式において、多香子は

準備からのトラブル続きや新婦の我儘で

担当をおりたいと思うほど参っていました。

こういうときというのは不運が重なるもので、

式当日にも問題が発生してしまいます。

さらに多香子がこの夫婦の担当を降りたかったのには

他にも理由があり...。

さて式は無事成功するのでしょうか?

 

13:30 ロイヤルルーム 東家・白須家

新婦の甥っ子の真空を中心とする物語。

真空は大好きな叔母、りえちゃんの結婚を

何とかやめさせようと考えています。

それは、新郎である東のとある

「秘密の現場」を見てしまったからです。

東と結婚してもりえちゃんは幸せになれないと考えています。

真空は子供ながらに何とか結婚式を阻止しようと

奮闘しますが、結果はどうなるのでしょうか。

 

17:30 ゴールドルーム 鈴木家・三田家

今夜のイブニング挙式を控えている、鈴木陸雄と三田あすか。

しかし新郎の陸雄にはある大きな秘密がありました。

なんとこの男、貴和子という別の女性と

すでに結婚している既婚者なのです。

不倫相手として関係を持っていたあすかと

成り行きであれよあれよと結婚という流れになり、

いつでも止めれる、何とかなると考えながらも

あすかに事実を打ち上げられず式当日を迎えました。 

そして陸雄はイブニングの式を前に、

真空とは違う形で式を中止させようと

昼からアールマティにやってきています。

この男はどうやって式を中止させようとしているのか。

そしてその計画は遂行されるのか。

 

感想

率直にすごく面白かったです!!

他の方の感想などをネットで見てみると、

場面の移り変わりが激しく読みづらいという意見もありましたが、

私の個人の感想としては、

場面転換が多い分、1つ1つの話が短く、

飽きずにスラスラと読み切ることができました。

1つの式場での同時進行のストーリー展開なので、

4つの式の出来事などが時系列でリンクしてきます。

登場人物も背景などしっかり描かれていて、

感情の移り変わりもわかりやすいです!

 

そしてこの作品には、

同じ辻村深月さんの作品

「子どもたちは夜と遊ぶ」の

狐塚と恭司というキャラクターが登場します。

辻村さんの作品は登場人物などがリンクしているのも

特徴なので、そこも見どころの1つです。

 

まとめ

短編小説とまでは言えませんが、

1章1章が短くなっているので

通勤通学の移動時間に本を読む方に特におすすめです!

ぜひ1度読んでみてください!!

 

 関連記事はこちら!

 

www.kontomosan.com

 

 

www.kontomosan.com

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村