私の知らなかったコト。

知らなかったコト 気になるコト マイペースにかきます

辻村深月 名前探しの放課後【感想】

 

あれは、なんでまだあそこにあるんだろう。

 

自分がいるショッピングモールから

バイパスををはさんだ建物についている

看板を見ながら考える

この物語の主人公・依田いつか。

 

 

これは、3か月前から

タイムスリップをして戻ってきた

男の子の物語です。

 

なぜいつかは3か月前に戻ったのか。

誰に、何のためにを戻されたのか。

 

いつかの中の未来の3か月間の記憶は、

お姉ちゃんに子供が生まれる。

今付き合っている豊口絢乃と別れる。

同級生が自殺をする。

 

この事実に気づいたいつかは、

親友やその彼女、学年位置の優等生に

協力を求め、自殺を止めるため

3か月間奮闘します。

 

タイムスリップという

SF感の強い作品ですが、

高校生活を中心とした青春や

いじめなどの現実感のある部分も

リアルに描かれた作品です。

 

スポンサーリンク
 

 

あらすじ

 

この作品は、上下巻の構成で

文庫本でも全部で900ページ弱の

超大作となっています。

 

上巻、背表紙より

 

依田いつかが最初に感じた違和感は

撤去されたはずの看板だった。

「俺、もしかして過去に戻された?」

動揺する中で浮かぶ一つの記憶。

いつかは高校のクラスメートの

坂崎あすなに相談を持ちかける。

「今から俺たちの同級生が自殺する。

 でもそれが誰なのか思い出せないんだ」

二人はその誰かを探し始める。

 

微かな記憶から

自殺を止めようとするいつかは

まずクラスメートの坂崎あすなに

相談を持ちかける。

いつかがあすなと話をするのは

これがほとんど初めて。

地元が同じ不二芳ということと、

彼女がSFに詳しいという理由から。

 

そこから、親友の長尾秀人、

その彼女の椿、

学年一の優等生、天木敬に協力を求め

まず学年の中から3か月後に自殺する

容疑者探しをすることに。

 

ここで下巻の背表紙を

 

坂崎あすなは、

自殺してしまう「誰か」を

依田いつかと共に探し続ける。

ある日、あすなは自分の

死亡記事を書き続ける

河野という男子生徒に出会う。

彼はクラスでいじめに遭っているらしい。

見えない動機を抱える同級生。

全員が容疑者だ。

「俺がいた未来すごく暗かったんだ」

二人はXデーを回避できるのか。

 

いつかの記憶では、同級生の自殺は

終業式のある12月24日。

そこをXデーとし、

それまでに自殺者を特定し

止めれるほどの関係性を

築かなければならない。

 

そんな中、隣のクラスの河野基という

男子生徒がいじめに遭っているという

情報が入る。

いじめの主犯は、

秀人と同じ陸上部のエース「小瀬友春」。

 

いつかたちは、基がいじめられる原因となった

水泳で友春を見返すため、

いつかの指導の下、昔から泳ぎが苦手な

あすなと基に泳ぎを教えることに。

 

Xデーまでに自殺を考えなくなるくらいの

イベントを与えるという意味でも

この水泳の特訓は効果的だった。

 

完璧に泳ぎをマスターした基は

友春を見返し、いじめをやめ

巻き上げたお金を返すと約束。

 

そのあと多少のいざこざがあったが

Xデーと位置付けた12月24日にも

全員で集まりクリスマスパーティー

することで自殺を回避。

無事計画成功し、

自殺は止められたと思われた。

 

 

しかし、年は開け1月13日、

始業式の日に事態は急変する...!

 

 

感想

 

ネタバレにしたくないので、

あらすじが走り書きになってしまいました。

ラストの衝撃にも

あえて触れていません。

 

この本は、

絶対色んな人に読んでほしい!!

 

それくらい面白い作品です。

 

上下巻で900ページなんて

一瞬で読めてしまいます。

 

SFでありながら、青春時代の

男女の淡い気持ちや、純粋な友情など

感情移入しやすい表現がされていて

波に乗ると一気に読めてしまいます。

 

ここは疲れるな、なんて言う場面も

ほとんどありません。

 

いじめのシーンなどが少しありますが、

最後まで読んでいただくと

全てがつながるので、

そこまで頑張って一気に読んでほしいです。

 

少しだけネタバレさせていただくと、

登場人物の長尾秀人と椿、

この2人がそれぞれ、

辻村深月さんの別作品

「ぼくのメジャースプーン」の

ぼく と ふみちゃん になります。

それにぼくメジャの

タカシは天木敬、

トモは小瀬友春として再登場しています。

 

辻村さん得意の物語同士のリンクです!

 

「ぼくのメジャースプーン」では、

まだ小学4年生だったぼくやふみちゃんが

すごくしっかりした高校生に

成長しています。

それだけでなんだかすごく嬉しい!

 

それに先に

「ぼくのメジャースプーン」を読んでいないと

わからない隠れたラストもあります。

 

オススメ順は、

ぼくメジャ→名前探しの放課後です!!

 

 

www.kontomosan.com

 

 

他にも「凍りのくじら」の

郁也と芦沢理帆子、

スロウハイツの神様」の

チヨダ・コーキの名前も

作中に登場します。

 

 

www.kontomosan.com

 

 

辻村深月ファンなら

こういう部分もより楽しめる作品になっています!

 

こんな方にオススメ

 

  • 辻村作品のファン
  • 最後にスッキリする作品が読みたい
  • 休みの日に一気に読めるような長編を探している

 

1つでも当てはまる方は、

ぜひ読んでみてください!!

 

 

 関連記事はこちら!

 

www.kontomosan.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村