私の知らなかったコト。

知らなかったコト 気になるコト マイペースにかきます

辻村深月 スロウハイツの神様【感想】

 

現代版ときわ荘のような

クリエイターが集まるアパート

「スロウハイツ」で暮らす

若者を中心に進む物語。

 

 

個人的に辻村深月さんの最高傑作で

私の人生で1番好きな小説です。

 

本当にオススメしたい1冊!!

 

スポンサーリンク
 

 

スロウハイツの神様

上下巻に分かれ、

上巻で散りばめた伏線を

下巻で一気に回収する流れです。

 

あらすじ

文庫本上巻背表紙より、

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ

あの事件から十年。

アパート「スロウハイツ」では

オーナーである赤羽環とコーキ、

そして友人たちが共同生活を送っていた。

夢を語り、物語を作る。

好きなことに没頭し、

刺激し合っていた6人。

空室だった201号室に、

新たな住人がやってくるまでは。

 

上巻は、物語の中心になる

スロウハイツの住人たちの紹介が

中心となっています。

 

スロウハイツのオーナーで

脚本家の赤羽環

 

幹永舞作「ダークウェル」とともに

人気雑誌「ブラン」の2枚看板として

10年前にある事件で休筆した3年間以外

クリエイターとして第一線を走る

小説家の千代田公輝

 

児童漫画家を目指し、

出版社に持ち込みを続ける

漫画家の狩野壮太

 

映画監督を目指し、

制作会社で働きながら

チャンスを伺う長野正義

 

画家の卵正義の彼女。

才能はあるものの営業下手な

森永すみれ

 

チヨダ・コーキのマネージャーで

人気雑誌「ブラン」の編集長

黒木智志

 

そして、アパートには空室が1つ。

そこには少し前まで

環の親友、円谷伸一が住んでいた。

 

それぞれが刺激し合い、

クリエイターとしての成功を

目指す物語の中、

空室であった部屋に

加々美莉々亜が入居してくることで

物語は一気に加速します。

 

下巻背表紙より、

莉々亜が新たな居住者として加わり、

コーキに急接近を始める。

少しずつ変わっていく

「スロウハイツ」の人間関係。

そんな中、ある事件の直後に

百二十八通もの手紙で、

潰れそうだったコーキを救った

一人の少女に注目が集まる。

彼女は誰なのか。

そして環が受け取った一つの荷物が

彼らの時間を動かし始める。

 

下巻から物語は一気に進みます。


環が幼少期に過ごした過去

千代田公輝を襲ったあの事件の真相

加々美莉々亜の陰謀

幹永舞の正体

 

見事な伏線回収で後半は

一気に読み終えてしまうはずです。

 

感想

上巻でも何気ない会話、

何の考えず淡々と読んでいたものが

下巻で綺麗つながっていく流れは

読んでいて圧巻です。

 

下巻の環と公輝のお互いに対する思い、

それを見守るスロウハイツの住人達。

 

読んでいて何とも言えない気持ちになります。

 

上巻を読んでからの下巻を読んでからでは

登場人物のイメージが

ガラリと変わります!

 

絶対2回読み直したくなります!!

 

本当にいい物語です!

 

こんな方におすすめ

  • 辻村深月さんが好きな方
  • 時間があり超大作を読みたい方
  • クリエイターのお話\に興味がある方

 

こんなことを言っていますが、

とにかく皆さんに読んでいただきたいです!

 

本当にオススメです!!

ぜひ気になった方、読んでみてください。

 

 

 

 

関連記事はこちら!

 

www.kontomosan.com

 

 

www.kontomosan.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村